DISCOVER 21 LEBERAL ARTS COLLEGE

世界が変わる、世界を変える

search
open
 >   > ”独裁”は悪いことなのか?
2018/02/17

”独裁”は悪いことなのか?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現在の日本の社会について、押さえておくべきポイントが2つあります。

ひとつは、「中小企業の事業継承」についてです。
平成29年の経産省の発表によれば、今年10年で70歳を超える中小企業・小規模事業者の経営者は約245万人で、そのうちの半分の企業が後継者未定といわれています。
これから100万人以上の社長が不足する中で、トップに立つべき人が求められるようになります。

2つ目は、「今年が副業元年となりそうだ」ということです。
各企業の就業規則の基本となっている、厚生労働省のモデル就業規則に、「副業・兼業」の項目が追加されました。
中国同様、副業が本格化し、本業の価値が求められるようになります。
その中で、より企業は「会社での仕事が面白く&儲かる」ように変わっていく必要が出てきます。


これらの2つのポイントを考えると、会社のトップに立ち、仕事を活力のあるものに変えていく必要があります。
それを可能にするのが、権力を持った「パワーリーダー」なのです。

今回は、京都大学教授の木谷哲夫さんが書かれた『新・君主論 AI時代のビジネスリーダーの条件』をもとに、
企業におけるリーダーの在り方について、”権力”という視点から考えていきます。

  1. 「権力」意識度チェック
  2. 権力は悪いものなのか? 
  3. 権力の必要性と身につけかた

「権力」意識度チェック

本書は、これからのリーダーの在り方について、権力の観点から述べた内容になっています。

唐突ですが、”権力”についてどんなイメージを持たれているでしょうか?
まずは、こちらの質問について、各問から一つ自分に合っているものを回答してみてください。
************************************************************************************************

問1 あなたの権力に関連すること(説得する、同盟する等の社会的活動を含む)に対する価値観は、どれに近いですか?

A 権力否定派
権力に関連することに対して、マイナスの価値観、否定的な気持ちを持っている人。
例:「どうせ、ずるく、人を蹴落とす人間でないと出世できないさ」
  「なんで社内の根回しなんかに関わらないといけない?もっと自分の仕事に集中させてくれよ」

B ニュートラル派
権力に対して肯定でも否定でもない中間の人(AとCの中間)。

C 権力肯定派
権力に関連することをプラスにとらえ、肯定的な面を評価する人。
例:「一時的に混乱しても、変革するには必要だ」
  「毎日ゴタゴタがあるほうがワクワクする。沈滞するよりずっといい」


問2 あなたの行動志向はどれに近いですか?

1 受動タイプ
ゴタゴタは頭を低くしてやり過ごし、できるだけ関わるのを避けようとする。

2 予測タイプ
権力闘争で何が起こっているか高みの見物を決め込む一方で、結果を予測しようとする。

3 行動タイプ
権力抗争や政治闘争を見たり応援したりするだけでなく、自分も主体的に関わる。

************************************************************************************************
…いかがだったでしょうか?
以下の表と照らし合わせて、結果を確認してみてください。



この表を書籍内では「マキャベリ脳診断ツール」と呼んでいます。
マキャベリ脳とは、マキャベリズムに基づいた考え方(が出来るか)を指しています。

マキャベリズム:どんな手段や非道徳的な行為も、結果として国家の利益を増進させるのであれば許されるという考え方。ルネサンス期の政治思想家ニッコロ・マキャヴェッリ及び彼の著書『君主論』の内容に由来する。転じて、単に目的のためには手段を選ばないやり方を指す場合もある、権謀術数主義。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%AA%E3%82%BA%E3%83%A0

権力は悪いものなのか? 

権力は、倫理と混合して話されることにより、
・人を操る
・裏取引
・背中を刺す
・裏切り
・中身もないのによく見せる
などのネガティブな印象を持たれがちです。

しかし、権力にはこうした否定的な面だけではなく、
・他人を説得する
・志の同じ人を見つけて連帯する
・人に報酬を与えて支持を得る
・自分のやりたいことの実現のために社会的な能力を駆使して戦う
などのポジティブな面もあるのです。

実際、イノベーションを起こす組織、変化しなくては生き残れない業界では、主体的な決断・行動が行える人、そして権力のポジティブな面を意識している人(=パワーリーダー)が重宝されます。

なぜなら、企業は独裁制だからです。
トップである独裁者にとって、自分を信頼してついてきてくれるかどうかが大事なのですから、権力に関わることをはなから嫌う人の価値は当然、低くなります。



先ほどの診断表に色を付けたものを以下に載せますが、色が濃いほど、企業に求められる人材となります。
つまり、A-1やB-1に該当した方は、より右上に該当するような行動と権力への意識を身につける必要があるのです。



権力の必要性と身につけかた

権力の必要性を示す良い例があります。

スペースXやテスラを経営し、最近も人工知能の会社を立ち上げたイーロン・マスクはご存知かと思います。
少し前のGIGAZINE NEWSで、彼が、テスラの社員に向けて送ったメッセージが話題になりました。

このメッセージは以下の三つのことを示しています。

1. テスラのような最先端の新興企業でも、組織内に壁ができ、大企業病がはびこる傾向があること。
2. 従業員はどうしても居心地のいいサイロを作り出し、自分の安住の地を作り出そうとすること。
3. トップが強力でないと、人間の組織が持つその強い傾向を打ち壊すことはできないということ。

人間の本性や組織の自然な慣性に逆らうためには、強い権力が必要になるのです。


では、一体どのようにすれば(良い)権力を持った独裁者になれるのでしょうか?

パワーリーダーになるには、2つのステップが必要です。
一つは「権力基盤を構築する」こと、もう一つは「動員力を高める」ことです。

権力基盤を構築するためには、自分の支持グループを、その度合いによって「コア支持層」「コア予備軍」「一般メンバー」に分け、その組織をフル動員するための”連合”をつくっていくことになります。


実際の具体的な手法や考え方を身につけたい方は、
本書の四章~五章で理論を学び、
六章の演習で実践練習を行ってみてください。

きっと、権力をよりポジティブに、有効に使えるビジネスパーソンへと変わっているはずです。

そして読み終わったら是非、
最初に載せた「権力」意識度チェックを再度行ってみて下さい。
少しでも右上に意識が変わり、変革の時代を生き抜くための”古くならない”スキルを手に入れられているはずです。

【まとめ】

  • 権力をポジティブに捉え活用していくことが大切である
  • より主体的に権力を使っていくようにする
  • 最先端の新興企業でさえ、組織内に”大企業病”がはびこる可能性がある

新・君主論 AI時代のビジネスリーダーの条件

著者:木谷哲夫
出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン
ISBN:978-4-7993-2216-1

Amazon:https://www.amazon.co.jp/dp/4799322168
D21サイト:http://www.d21.co.jp/shop/isbn9784799322161

カテゴリ

社会科学

関連記事

本に書いてあることが正しいとは限らない

間違った「定説」が誤った解釈を生み、世界を見えにくくさせる 政治家や外交官、官僚、研究者ら地政学の専門家たちにも広まっている「定説」は、インターネット上に限らず、新聞や雑誌、本においても、いくらでも見つけることができる。たいていの「定説」は事実から生まれるが間違いも多く、それが誤った解釈を生み、私たちが世界を正しく理解することを妨げているのだ。なぜ、それらは間違っているのか?その裏には、いったいど...

テロは脅威だが、重大視し過ぎてはいけない

間違った「定説」が誤った解釈を生み、世界を見えにくくさせる 政治家や外交官、官僚、研究者ら地政学の専門家たちにも広まっている「定説」は、インターネット上に限らず、新聞や雑誌、本においても、いくらでも見つけることができる。たいていの「定説」は事実から生まれるが間違いも多く、それが誤った解釈を生み、私たちが世界を正しく理解することを妨げているのだ。なぜ、それらは間違っているのか?その裏には、いったいど...

ドナルド・トランプこそがアメリカを弱体化させている

間違った「定説」が誤った解釈を生み、世界を見えにくくさせる 政治家や外交官、官僚、研究者ら地政学の専門家たちにも広まっている「定説」は、インターネット上に限らず、新聞や雑誌、本においても、いくらでも見つけることができる。たいていの「定説」は事実から生まれるが間違いも多く、それが誤った解釈を生み、私たちが世界を正しく理解することを妨げているのだ。なぜ、それらは間違っているのか?その裏には、いったいど...

「オバマがアメリカを弱くした」という批判は見当違いである

間違った「定説」が誤った解釈を生み、世界を見えにくくさせる 政治家や外交官、官僚、研究者ら地政学の専門家たちにも広まっている「定説」は、インターネット上に限らず、新聞や雑誌、本においても、いくらでも見つけることができる。たいていの「定説」は事実から生まれるが間違いも多く、それが誤った解釈を生み、私たちが世界を正しく理解することを妨げているのだ。なぜ、それらは間違っているのか?その裏には、いったいど...

専門家に聞いても国際情勢は理解できない

間違った「定説」が誤った解釈を生み、世界を見えにくくさせる 政治家や外交官、官僚、研究者ら地政学の専門家たちにも広まっている「定説」は、インターネット上に限らず、新聞や雑誌、本においても、いくらでも見つけることができる。たいていの「定説」は事実から生まれるが間違いも多く、それが誤った解釈を生み、私たちが世界を正しく理解することを妨げているのだ。なぜ、それらは間違っているのか?その裏には、いったいど...

インドネシアから見る”知られざる”イスラーム

はじめに イスラームと聞いて、どのようなイメージを思い浮かべるだろう。アル=カイダやISISといった過激派組織によるテロ事件、お酒や豚肉を食べてはいけないといった厳しい戒律、女性に対してヴェールの着用を義務付けるという男女差別や女性への抑圧…などだろうか。しかし、そういったイメージは表層に過ぎない。実際のイスラームはもっと”奥が深い”。この記事は、偏見を持たれがちなイスラームの実態を明らかにし、イ...

Facebook